鶴岡市(つるおかし)は、山形県の日本海沿岸(庄内地方)南部にある人口約13万人の都市である。2005年10月の市町村合併により、人口が県内では2番目、面積は東北地方で最も広い市となった。
   江戸時代には、徳川譜代大名の酒井忠勝が庄内藩14万石の領主として城下町を整備し現在の鶴岡の基礎を築いた。以来250年間酒井氏13代にわたり、鶴岡は庄内地方の政治・経済文化の中心地として発展した。
   鶴岡市には、だだちゃ豆や温海かぶなど在来作物が50種類以上存在し、「生きた文化財」として受け継がれている。これまでの歴史や文化を背景に、日本で初めてユネスコ創造都市ネットワーク食文化での加盟が認定され、鶴岡の食文化は世界に認められている。

鶴岡エリア

小真木原公園

鶴岡市民プール(屋内)

宝田体育館

東部運動広場

大山運動広場

鶴岡西部公園多目的グラウンド

鶴岡市スポーツ研修所

赤川河川緑地

藤島エリア

藤島体育館

ふれあいと躍動の広場

羽黒エリア

羽黒体育館

羽黒テニスコート

櫛引エリア

櫛引総合運動公園

櫛引スポーツセンター

鶴岡市グラウンド・ゴルフ場

朝日エリア

朝日スポーツセンター

 

温海エリア

温海総合運動場

温海湯見ヶ代運動場