尾花沢市(おばなざわし)は、山形県の北東部に位置し、東は奥羽山脈で宮城県仙台市、加美町等に隣接し、南は東根市、西は村山市、大石田町、北は最上町、舟形町に接しています。面積は、東西約25㎞、南北約33㎞で372.32㎢です。
市の西部に、日本三大急流に数えられる最上川が蛇行して流れ、丹生川をはじめ市内に流れるすべての一級河川が注いでいます。
気候は、年間の寒暖差が大きく四季の移り変わりが明瞭な地域です。全国有数の豪雪地帯でもあり、飛騨の高山、越後の高田と並ぶ「日本三雪の地」に数えられる美しい雪景色が眺望できます。
道路・交通網をみると、市の西部を国道13号が南北方向に縦断し、国道347号が市の中心を東西に横断しています。現在、東北中央自動車道等の整備が進められており、広域的な交通条件のさらなる向上が見込まれます。鉄道は、JR奥羽本線が市の北西部を南北方向に縦断しており、芦沢駅があります。また、山形新幹線の最寄り停車駅は大石田駅となっています。

尾花沢市運動公園